ごあいさつ

会長顔写真日本は、四季折々の多種多様な食材に恵まれ、永い歴史と伝統の中で、世界各国の食文化をたくみに取り入れながら、多彩で豊かな食文化を育んでまいりました。日本の食文化は、その食材、調理法にとどまらず、器や調度、建築、華道や茶道に代表される精神性、美意識など、日本の総合的な文化そのものを反映しております。したがって日本の食文化は、我が国の誇るべき、優れた知的財産であり、世界に発信していくことによって海外へ浸透させ、その文化的・経済的価値をますます高めていくことが重要であります。 
 今日、日本食は日々進化を続けておりますが、そのヘルシーさと美味しさによって世界的なブームとなりつつあり、日本食レストランが世界各国で展開されております。さらに、世界の日本食レストランは、海外の人々がさまざまな形で日本の食文化に触れ、共有してもらうための場所と時間を提供する、いわば「ショールーム」とも言うべき発信拠点ともなってきました。また、食文化は、人間にとって最も根源的な文化であり、世界各国の人々が日本の食文化にふれ、食の共通体験を持つことは、日本を理解してもらうことに大いに役立つと考えております。
 日本食レストラン海外普及推進機構は、日本の食文化を世界に正しく発信することを加速し推進するとともに、日本食レストランの信頼性を高め、日本の食文化の国際的な発展に寄与し、世界の食文化をより豊かなものにするために貢献してまいります。皆様のご支援、ご協力を心よりお願い申し上げます。

特定非営利活動法人 日本食 レストラン 海外普及推進機構
 
理事長
茂木 友三郎

関連情報

農林水産省 日本食レストランの海外普及について新規ウィンドウで開きます